HOME » クイックコラム » 売買契約を行う為に、付帯設備表は必要ですか?

売買契約を行う為に、付帯設備表は必要ですか?

一般的な住宅の場合、庭木や庭石、門や塀、照明器具、エアコン・などが設置されていることがほとんどです。これらの、不動産以外の設備・器具を総称して「付帯設備」といいます。

中古物件の売買の場合、売買契約書上では付帯設備は売買の対象(売買物件)ではないという考え方になっておりますので、付帯設備を買主様に引渡すかどうかは、基本的に売主様の選択に委ねる形となっています。

しかし庭木を気に入ったから購入したいという買主様や、素敵な照明器具が気に入ったという買主様、またはエアコンなどの設備を残していただきたいというお客様もいますので、付帯設備表は買主様との確認の意味でも、お付けしましょう。

付帯設備がつく・つかない、という取り決めは、売買契約を結ぶ時に、『付帯設備表』という契約書とは別の書類で明記し、記載どおりの状態で引き渡す事となっております。(引渡し以後の性能を保証するものではありません)

付帯設備表を作成するときは、営業マンが売主様とご一緒に確認しながら作成します。売主様と買主様の夢の橋渡しの資料ですので、しっかり取り決めして作成しましょう!!

This entry was posted in クイックコラム. Bookmark the permalink.