HOME » クイックコラム » 不動産の価格は、何を基準に査定されているのでしょうか?

不動産の価格は、何を基準に査定されているのでしょうか?

土地の査定は、どのように行われるのでしょうか。路線価とか地価公示価格といったもので試算されるかというと、それもありますがそれだけではありません。

日当りや高低差、擁壁の有無、地勢など様々な観点から、市場(一般のお客様)がどこまでお金を投じるか?を予測して行きます。なので、路線価からかなり乖離することもしばしばです。

一括査定とういう便利な仕組みが近ごろでは見られますが、必ずしも正確な数字が出てくるとも言えません。何故ならば、査定業者のほとんどは、仲介業であるためその価格に責任を持ちません。簡単に言うと、買取りするわけではないので、合い見積もりの競合で勝つために、高額の査定額で売主様から物件を任せて頂くことだけが目的となり、売れる数字を出していない可能性が高くなってきています。

その結果、長期でその不動産は売れ残り、価値を下げて行きます。結果、本来の査定価格よりも低い金額で売却となることも良くあります。

査定を依頼する時は、よく注意して、その営業マンの真意を見抜くことが大切でしょう。

This entry was posted in クイックコラム. Bookmark the permalink.