HOME » クイックコラム » 不動産売買における境界明示とは何でしょう?

不動産売買における境界明示とは何でしょう?

境界の問題は、よく耳にする話だと思います。決してテレビドラマやなんかの話ではなく、日常的なトラブルの原因として誰にでも起こりうる話しです。

不動産売買を行う際に、我々宅地建物取引業者の仕事として、物件を買い受ける買主に対し、売主からの境界明示を行って頂くことが慣例となっております。

境界明示で一番最善と思われるのは、土地家屋調査士に依頼して確定測量を行うことです。測量は現況測量と確定測量とに分かれており、確定をするというのは、隣接地の所有権者全員の承諾、すなわち記名押印が必要となります。それを法務局に届け出ることで確定されたと言えるわけです。

しかし、それには40~60万円の費用が掛かることがしばしばです。そのため、ある程度明確であるならば、そこまで費用をかけないで、境界の説明書というものを我々が作成し、隣接地のご挨拶と立ち合いで済ませることも良くあります。

ただし、絶対というものではありませんので、その判断は宅地建物取引士の意見を仰ぐことをお勧め致します。

北九州市内でと土地・戸建を売却する時には、お気軽にご相談下さい。

This entry was posted in クイックコラム. Bookmark the permalink.