HOME » クイックコラム » 解体更地渡しで土地を売却する時に気を付けることとは?

解体更地渡しで土地を売却する時に気を付けることとは?

土地の売却には2通りあります、現況渡しか更地渡しか。どちらにしても、基本的な売主の出費は同じですが、買主の希望で選択されることが多いように思えます。

現況で引き渡すならば、買主の費用負担で建物を解体することになりますから、売買価格がその分下がります。逆に解体して引き渡すならば解体費用を上乗せしたくらいの価格で取引されることになるのが普通です。

では、何が異なるのでしょうか。解体更地の場合は、その工事の後の状態が想像しにくいため、買主のイメージと異なることがあるのが一番気を付けておくべきことでしょう。ハウスメーカーの売出しているような宅地は、真砂土といってゴロゴロとした石などを含まない綺麗な土で覆われています。また、ブロック塀や土留め擁壁、解体以後にしか見えないところの認識の相違等がありますから、トラブルとならぬよう、必ず営業担当者を介して解体の打ち合わせをすることをお勧め致します。時折、売主が見積りした業者が安いということでご自身で発注されることがありますが、地中に人工物(基礎コンクリート塊、配管、升、瓦の破片)が残されていたりしたことがありますが、再度、撤去要請がかかり余計な負担となることがありました。

では、現状渡しが良いのか?というと、必ずしもそうだとは言えません。基本的に、相続等で得た土地・建物を売却する時に受けられる税金控除は、解体更地渡しが原則です。他にも、現状渡しをすることで気を付けるべきことが数点ありますが、細かくなりますからここまでにしておきます。

結論、トラブルを避ける為に住宅ライフアドバイザーに必ずお尋ねされることをお勧め致します。

This entry was posted in クイックコラム. Bookmark the permalink.