HOME » クイックコラム » 売れない不動産はない?

売れない不動産はない?

不動産は、価格が市場の需要と合えば必ず売れます!と言いたいところなのですが、そういうわけでもありません。

土地で言いますと、接道の無い土地で周囲が他人所有地に囲まれていると売却が大変困難です。建築基準法というものがあり、その土地に建物を建てることが出来ない、また侵入路が確保されないともなれば、価値が無いどころか負の財産となってしまうわけです。

空家問題と言われているのは、やはり売れない、他に利用する術が無い物件を言いますが、多くは立地に起因していると思われます。

過疎化が進んでいるような地域や、自然災害の危険地域に指定されていたり、山の上の方で駐車場を造るのにお金がかかり過ぎるような場所では、売れないとは言えませんが価格はかなり下がると思われます。

This entry was posted in クイックコラム. Bookmark the permalink.