HOME » クイックコラム » 不動産を売却する時に、買取を選ぶのか、仲介を選ぶのかはとても大切な問題です。

不動産を売却する時に、買取を選ぶのか、仲介を選ぶのかはとても大切な問題です。

買取と仲介、耳にはされていると思いますが、本当の意味をご存知ですか?

買取とは、質屋にブランド品などを買ってもらうイメージでしょう。不動産においてもその通りで、同じことと理解して良いでしょう。不動産会社は、安く買って高く売ることで利益を得ます。それを選択することは、決して悪いことではありません。お互いにWIN-WINという状況であれば良いと思います。

では、仲介とは何でしょうか。一般のお客様を仲介業者に募ってもらい、少しでも高く売却する為に、手数料を払って売買を成立させることを言います。

買取よりも高く売れることはほぼ間違いありませんが、物件によっては売却期間が予想出来ないこともあります。時間とお金に余裕がある場合は仲介を選択する、その逆で急いでいたりする場合は買取を選択するのが良いでしょう。

ただし、買取は不動産会社がリスクと利益を計算してはじき出す数字になりますから、一般的には相場価格の6~7割で提示されることを覚悟せねばなりません。

しっかり誠実な会社を選ぶことが絶対不可欠ですね。そんな時は、セカンドオピニオンとしてエステートプランにご来店下さい。

正直、誠実にスタッフがご対応させて頂きます。

This entry was posted in クイックコラム. Bookmark the permalink.