HOME » クイックコラム » 増税によって不動産の購入需要は落ちるのか

増税によって不動産の購入需要は落ちるのか

ハウスメーカー等から駆け込み需要という言葉をよく耳にします。さて、中古住宅事情はどうなのでしょうか。確かに人間の心理としてお得な選択したいという思考はあるとは思いますが、一般的な不動産の売買は個人間で行われる為、消費税がかかりません。しかし、混同してしまっている方々も多く、その事実を知らないようです。

新築住宅は、建築費の高騰も重なり需要は落ちる傾向は否めませんが、それにより中古住宅市場に需要が移るのは大いに有り得ることだと思われます。

福岡市内の土地が高騰している中、北九州も若干ながら上向きのように思えます。

北九州近郊で土地・中古マンション・中古戸建の売却をお考えの方は、お気軽にお問合せ下さい。

This entry was posted in クイックコラム. Bookmark the permalink.