HOME » クイックコラム » 住宅ローン特約があることで売主が気をつけるべきこと

住宅ローン特約があることで売主が気をつけるべきこと

ローン特約とは

 不動産の購入では、金融機関などから住宅ローンでお金を借りる方が多くいます。住宅ローンの審査が通らなかった場合、買主を唯一守る意味で無条件にて売買契約解除することがきる「ローン特約」を売買契約に付けることが一般的です。

ここで注意したいことですが、 業界内で買主のローンアウトという言葉があります。 銀行から承がおりなければ、お金は貸してもらえません。契約が成立したからと言って100%安心というわけではないということです。当然、仲介業社は無駄な仕事をしないプロとして、買主の事前審査を完了した上で契約に臨んでいますから大丈夫だとは思われますが。

ローン特約期日を超過してから買主が事前審査の承認がおりないことを理由に解除を申し出てきた時、果たして売主は拒否して手付金の返還拒否、または違約金請求を行うことが出来るのでしょうか。

絶対とは言いませんが、おそらく無理だと思われます。その理由に、一般的な宅建協会の契約条項では、「金融機関の審査中に標記の融資未承認の場合の契約解除期限が経過した場合には、本売買契約は自動的に解除となる。」とあるからです。

売主としては、待たされたあげくに無償解除となっては、心理的にもショックが大きく、マンションであれば修繕積立金や管理費、駐車場代等が掛かっているわけで、出来れば避けたいところです。

こういったとトラブルを回避するには、優秀な住宅ライフアドバイザーに売却を依頼することが重要です。

ご質問は、エステートプランにお尋ね下さい。

This entry was posted in クイックコラム. Bookmark the permalink.