HOME » クイックコラム » 住宅ローン等の残債があるが不動産の売却は可能なのでしょうか?

住宅ローン等の残債があるが不動産の売却は可能なのでしょうか?

住宅ローンで不動産を購入した時には、銀行がその土地・建物に対して抵当権設定を行っていることがほとんどです。

不動産を売却する場合、買主も融資を受けるということもあり、抵当権を抹消しなければ所有権移転は出来ません。

ここでのポイントは、不動産の売却額と抵当権設定の金額を比較することです。当然、借入の残債が高ければ、そのマイナス分(売却損)をどこからか持ってきて埋め合わせしなければ、抵当権抹消がなされません。

住宅ローンの特徴として、元利均等返済がほとんどですから、長期で借入した場合、初めの10年間は返済額約半分近くが利息として引かれていますから、借入の元金があまり減っていないことに驚かされる方が多いのが現実です。だからと言って手をこまねいている訳には行きません。売却を余儀なくされた場合は、何とか方法を考えないといけないわけです。その事情は様々で離婚・収入減で返済不可・転勤等々、まさかの出来事で家計がひっぱくすることは人生で避けられないことであり、決して他人事ではありません。

そうした時に、なるべく任意整理・自己破産等の道を行かない為に、我々が存在していると考えています。必ず道があると思いますので、一人悩み苦しむ前にご一報ください。

This entry was posted in クイックコラム. Bookmark the permalink.