HOME » クイックコラム » 著しく査定価格に影響するがけ条例とは何かご存知ですか?

著しく査定価格に影響するがけ条例とは何かご存知ですか?

「地表面が水平面に対し、30度を超える傾斜度をなす土地で、高さが3mを越えるもの」が『がけ』と規定されており、がけに近接して居室を有する建築物を建てる場合には制限があり、必要な措置を講じなければなりません。

昨今、気象変動による大雨の影響で土砂災害などが多発したせいもあり、がけに対しての規制が強まって来ています。

簡単にいうと、建物に影響が出ないよう安全な措置を講じなけければ建築許可が下りないということです。

それには、擁壁工事や土地の改良など、多大な費用が発生することがあります。安易に土地を売却すると買主との条件のずれからトラブルに巻き込まれる可能性が無いと言えませんので気をつけねばなりません。

下記条例をご参照下さい。

福岡県建築基準法施行条例 (抜粋)

 ( がけに近接する建築物の制限 )

第五条 がけ ( 地表面が水平面に対し30度を超える傾斜度をなす土地をいう。以下同じ。 ) の高さ ( がけの上端と下端との垂直距離をいう。以下同じ。 ) が3メートルを超える場合においては、当該がけの上にあつては当該がけの下端から、下にあつては当該がけの上端から水平距離が当該がけの高さの2倍に相当する距離以内の位置及び当該がけには、居室を有する建築物を建築してはならない。ただし、次の各号の一に該当する場合においては、この限りでない。

 一 擁壁の設置により、がけの崩壊 ( 建築物の安全性を損なうおそれがあるものに限る。次号において同じ。 ) が発生しないと認められること。       

 二 地盤が強固であり、がけの崩壊が発生しないと認められること。       

 三 がけの上に建築物を建築する場合にあつては、がけの崩壊により当該建築物が自重によつて損壊、転倒、滑動又は沈下しない構造であると認められること。

 四 がけの下に建築物を建築する場合にあつては、次のいずれかにより、がけの崩壊に伴う当該建築物の敷地への土砂の流入に対して当該建築物の居室の部分の安全性が確保されていると認められること。

  イ 土留施設を設置すること。

  ロ 建築物のがけに面する壁を開口部のない壁とし、かつ、当該建築物の居室の部分を当該建築物への土砂の衝突により破壊されるおそれがないと認められる構造とすること。

 五 がけに建築物を建築する場合にあつては、前二号に該当すること。

2  がけの上方に当該がけに接して、地表面が水平面に対し30度以下の傾斜度をなす土地がある場合にあつては、当該がけの下端を含み、かつ、水平面に対し30度の角度をなす面の上方にある部分に限り、当該がけの一部とみなす。

3  小段等によつて上下に分離されたがけがある場合において、下層のがけの下端を含み、かつ、水平面に対し30度の角度をなす面の上方に上層のがけの下端があるときには、その上下のがけは一体のものとみなす。

4  土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律 ( 平成十二年法律第五十七号 ) 第九条第一項の規定により知事が指定した土砂災害特別警戒区域内においては、前三項の規定は、適用しない。

→ 福岡県建築基準法施行条例へのリンク (福岡県例規全集 第 12 編建築 第1章建築) 

※参考:建築基準法 第40条

お問い合わせは各所管県土整備事務所建築指導課へ

This entry was posted in クイックコラム. Bookmark the permalink.