HOME » クイックコラム » 解体更地で売却する時に、境界にあるブロック塀をどうするのか?

解体更地で売却する時に、境界にあるブロック塀をどうするのか?

境界がはっきりしている場合の話ですが、売却が決まり建物を解体して引渡の準備をする時に古いブロック塀があるがどこまで壊したら良いのかどうかと迷われる方がいらっしゃいます。もちろん状況は様々なので一概にこれが正しいということは出来ませんが、基本的には全部撤去が好ましいと思われます。理由としては、昔のブロック塀の倒壊による事故等が多発したため、建築基準法の見直しが行われて、特に土留め擁壁を兼ねたブロックに対しての規制が厳しくなっています。よって、新築する為の宅地として購入された土地のブロック塀等は新たに建築しないと建物の建築許可が下りないことが有ります。

ここでも、また違った角度から問題が起こることを予測しなくてはなりません。

隣接地とのトラブルです。例え境界内にあったブロック塀だとしても隣接地所有者が前所有者との間の話合いで自らの負担で造ったものであることがあるからです。また、そうでないとしても、そのブロック塀が撤去されることにより、今まで存在した目隠し等が突然無くなることに戸惑う隣接地所有者もいるからです。

権利的に、全く問題が無いにしても、道義上、相手がどう感じるかということを意識しておくことは大切でしょう。

This entry was posted in クイックコラム. Bookmark the permalink.